発音を上達したい!そんな方におすすめする発音本を紹介

英語の発音上達におすすめの本、英検1級、TOEIC990点がおすすめする発音本
  • URLをコピーしました!

英語の学習を進めていると「なかなか相手に通じない」「この子音が上手く発音できない」「日本語っぽい発音になってしまう」等、発音の壁に当たる時が必ずきます。

今悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は英語の発音トレーナーも務める私が「発音本の中でもこれはイイ!」という本を3冊紹介致します。

また、英語が伝わらない原因についても言及していきますよ。

目次

英語が相手に伝わらない?日本語と英語の違い

英語が伝わりにくい原因。日本語と英語の発音の違いについて。

本の紹介の前に簡単になぜ相手に英語が伝わりにくくなっているか、日本語と英語の違い、伝わりにくい原因を3つ見ていきましょう。

① 音がぶつ切りになっている

基本的に英語は息の流れの中、一文は一息で言い切ります。子音を長くゆったりと出すため、大量の息を使って発音します。

対して日本語は子音と母音が常にくっついており、日本語の発音が転移するとぶつ切りの英語になりやすいです。

このぶつ切り英語は海外の方にとって聞きづらく、2番目のシラブル数が違う、という点にも繋がってきます。

② シラブル数が違う

英語と日本語ではシラブル数が違います。シラブルは日本語で音節とも言いますが、単語を構成する1音1音のことを指します。

例えば、日本語で「ストリート」はス・ト・リー・トの4シラブル(4音節)ですが、英語はstreet /street/の1シラブルです。日本語発音のまま相手に伝えると3つ分も音が余分に聞こえる訳です。

1音節の単語が4音節で発音されたら違和感しかありません。蚊という言葉が「か」の1音節ではなく「かかかか」と4音節で言われたら、「何をいっているんだ?」となりますよね。

日本人の英語がマシンガンに例えられることがあるのですが、増えたシラブルを早く発音しようとするためです。

シラブル数を英語に合わせて発音する、これだけでも相手に伝わりやすい英語になりますよ。

③ 子音・母音の使い分け

日本語で似ている音が使い分けできずに伝わらないパターン。子音・母音の使い分けは相手に誤解を与えがちです。

例えばこの音、see / she。

日本語だとどちらも「シー」とカタカナ表記されますが、実際は/s/と/sh/の音で全く違う音です。

敢えてカタカナにするならsee「スィー」とshe「シー」が近い音になります。

この/s/と/sh/の使い分けは非常に大切で、sit「座る」という単語を/sh/で発音してしまうとshit(くそ)という汚い単語になってしまいます。

LとRの音も日本語だと「らりるれろ」の音に聞こえるため、使い分けがしにくい要因となっていますよ。

また、母音だとア系の母音が使い分けが苦手な傾向が強いです。

下記使い分けて発音できるでしょうか?

hot, hat, hut

難しいですよね。日本語だとすべて「ホット?ハット?ハット?」のように使い分けしにくい単語です。

これらは発音を学習することで使い分けできるようになりますよ。発音できることでリスニング時にも聞き分けられる力がついていきます。

hot /hɑːt/, hat /hæt/, hut /hʌt/

発音トレーナーがおすすめ!発音上達おすすめ本

先ほど挙げた原因も発音を学習することで解決することができます。

発音上達のためにも、発音トレーナーも務めるだいちがレベル別におすすめ本を3冊ピックアップしました。ご参考ください!

発音上達おすすめ本①:英語耳

英語耳 はこんな方におすすめ!

  • 英語レベル:初級~上級 全レベル
  • 日本語の説明で発音を学習したい方

英語耳、聞いた事がある方も多いかもしれませんね。

発音本としては端的に知りたいことが書いてあり、解説も非常に分かりやすいです。英語を始めたばかりの方から上級者までおすすめできる本です。

発音上達おすすめ本②: American Accent Training

American Accent Training はこんな方におすすめ!

  • 英語レベルが中~上級の方
  • アメリカ英語を習得したい方

知る人ぞ知る発音本で根強い人気がある発音本。改訂を重ね現在4版。

アメリカ英語がなぜアメリカ英語のように響くのか、アメリカ人がこの秘密を余すことなく解説した本です。

すべて英語で書かれているため、中~上級の方におすすめとしているものの、初級者でも早めに入れて頂きたい知識が満載です。

注意点として在庫が少ない本でプレミア価格がついています。「紙の本で学習したい!」という方は中古が1万円以上するのが難点。

Kindleだと通常の価格で手に入るので、電子書籍でもOKという方は使ってみてください。

発音上達おすすめ本③: Mastering the American Accent

Mastering the American Accent はこんな方におすすめ!

  • 英語レベルが中~上級の方
  • エクササイズに多く取り組みたい方

発音が近い音の比較も多く、たくさんエクササイズを行いアメリカ英語を習得したい方におすすめ。また、紙媒体で手に入るため、電子書籍が嫌な方はこちらから始めてみるのも良いですよ。

英語で書かれているためリーディング力が必要になりますが、メインは発音練習のためそれほど高い英語力は必要になりません(TOEIC500点以上)。

さいごに

どの教本もそうですが、自分に合う合わないはあるので、レビューや実際に見てみて判断してみてくださいね。

また、発音は上達に時間がかかるものです。

わたしは「筋トレと一緒だ!」と良くいいます。1日2日ではムキムキになれません。毎日練習をすることで、数か月後にようやく変化が見えるものです。気長に、堅実に取り組んでみてください。

英語力を底上げする英語コーチングKOKO ENGLISH

KOKO ENGLISH 英語コーチング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる