英語コーチングは個人?企業?それぞれの特徴や選び方を徹底解説

英語コーチングは個人、企業画像
  • URLをコピーしました!

英語コーチをつけようと思っているけれどどこがいいかな?

どこで英語コーチングを受けるか迷っている方も多いかもしれません。

最近では、短期間で英語力を伸ばせる英語コーチングが注目を集めており、企業が運営するスクール、もしくは個人が運営するスクールからサービスを受けられます。

今日は英語コーチングとは何なのか英会話スクールとの違い、そして個人と企業、両者のコーチングスクールの特徴ついて解説します。

個人の英語コーチング、企業の英語コーチング、最適なものは何か、検討してみてください。

目次

今話題の英語コーチングとは?

英語を話せるようになりたいと一生懸命勉強に取り組む人もいるでしょう。独学だと時に行き詰まり、その効率性に疑問が残ることもあるかと思います。

そこで、英語学習者の間で数年前より注目されているのが「英語コーチング」です。

英語のプロトレーナーがマンツーマンで英語の指導を行い、2~3か月で英語力を大きく向上するスクールから1年以上かけて総合力を養成する英語コーチングスクールもあります。

生徒一人ひとりに合わせてカリキュラムが作成されており、短期間で英語力を伸ばせる方法として英語学習者の中では利用する人が増えているのですね。

数字の指標としてTOEICやTOEFL、Versant等の点数が大きく上がることも魅力の一つでしょう。

英会話スクールと英語コーチングスクールの違い

ここで英会話スクールとコーチングスクールの違いを見てみましょう。スクールによって特色が違いますが主な違いをまとめてみました。

英会話スクール英語コーチングスクール
講師外国人講師が多い日本人講師が多い
学習時間週1回1時間週1~2回のレッスン+毎日1~2時間の学習
カリキュラム会話に焦点を当て話す機会が多い生徒の目的に合わせたレッスンと学習プラン
クラスグループが多いマンツーマンが多い
料金スクールによるが比較的安いスクールによるが比較的高額
英会話スクールと英語コーチングスクールの主な違い

英会話スクール、コーチングスクール、それぞれの魅力があるので目的に合わせて比較検討してみてください。

英語コーチングを受ける3つのメリット

続いて英語コーチングを受けることのメリットは何でしょう。大きく3点あげてみました。

コーチングを受けるメリット①: 大量のインプットを入れられる

第二言語習得において、スピーキングやライティング含めアウトプットが出来るようになるためには、大量のインプットが必要だとされています。

会話をすることが目標の方にとって、週1回の英会話レッスンだけでは大量のインプットには程遠く、毎日の学習をすることがアウトプットへの近道です。コーチングでは毎日の学習が基本のため、安定して英語の知識を入れることができます。

コーチングを受けるメリット②: 必要な学習量、課題が分かる

闇雲に勉強を続けていると壁に当たった際に、「この勉強法はあっているのだろうか?」と不安になることがあるかもしれません。

コーチングでは個々の学習できる時間やレベルに合わせ、教材を選定してくれるため、「何をすればいいか」を考える必要がなくなり、学習に集中できます。また、現状の課題をコーチが伝えてくれるため着実にステップアップできるでしょう。

前述しましたがアウトプットには大量のインプットが必要です。ただアウトプットを続けていると化石化(fossilization)という現象が起こります。悪い癖のようなもので、間違った知識を使い続けることで「これは正しい使い方」と脳が勘違いして定着することを指します。

化石化を防ぐには自分自身で「これは間違っている」と気づきを得ること他社からの明示的な指摘が必要ですが、コーチングはこれを解決に導いてくれます。

コーチングを受けるメリット③: モチベーションが維持しやすい

何事も指導者がいるとやる気が出るものです。コーチングではシャドーイングのチェックや単語テスト等が毎回あるため、それに向け学習が続きやすくなります。

特にビジネスマンは仕事で必要だからと迫られて学習を始める方も多いですが、英語コーチをつけることで良い意味で監視されている状態が作れます。

「これだけ学習しました」「単語をここまで覚えました」と報告をするにつれ、学習ペースも掴め、やる気に繋がるのではないでしょうか。

モチベーション画像。

企業の英語コーチングの特徴3点

さて、英語コーチングには大きく企業からサービスを受けるものと個人でサービスを受けるものがあり、それぞれにメリットやデメリット、違いがあります。次はその違いを見ていきましょう。

企業の英語コーチングの特徴は大きく3つあります。

  1. 安定したカリキュラム
  2. 豊富な実績
  3. お洒落な校舎

①安定したカリキュラム

多数の英語コーチの目を通したカリキュラムのため再現性が高く、受講後にはTOEICやTOEFL、Versant等の点数が大幅に上がることがあります。オリジナル教材やアプリも活用し効率を上げることもあるようです。企業ならではの強みですね。

②豊富な実績

長年運営しているスクールの実績はもちろんのこと、英語コーチングとしての実績や経験が豊富です。ノウハウなども把握していることが多いのでより短期間でより効果的な学習が行えるかもしれません。

教育、研修もマニュアル化されており、システム的にコーチ陣の質が安定している傾向にあります。

③お洒落な校舎

企業のコーチングスクールは東京・大阪をはじめ、都心に集中しています。駅から徒歩圏内にオシャレな空間を用意しているスクールがたくさんあります。雰囲気が良いとそれだけ勉強へのモチベーションも上がるかもしれません。

個人の英語コーチングの特徴3点

個人の英語コーチングの特徴は大きく3つあります。

  1. 受講料金が安い
  2. 英語コーチの質が高い
  3. 場所・時間の融通が利きやすい

①受講料金が比較的安い

個人の英語コーチングの大きな特徴はやはり「料金が比較的安いこと」です。企業のスクールとは違い大規模な広告や校舎、人材育成に資金をかけることがないので費用を抑えられます。

コースにもよりますが企業のコーチングであると3か月40~60万、1年で130万以上かかることがあります。個人の英語コーチングであると比較的安価の傾向があり、費用面の問題を解決してくれるでしょう。

②英語コーチの質が高い

個人で行っている方は資格やバックグラウンドを公開している方が非常に多く、その分安心して任せることが出来ます。また固定のコーチでレッスンを受けられることも魅力でしょう。

企業のコーチングでは資格が開示されてないことも多く、採用基準も海外生活があるだけで採用されることもあります。もちろん企業であっても個人のスクールであっても質はコーチにより左右されるため一概には言えません。

③場所・時間の融通が利きやすい

企業のコーチングではスクールの校舎等ある程度場所が決まっているのに対して、個人のスクールは自宅で開いているところもあれば、カフェやレストラン、オンラインでも対応可能なことが多いです。都心に多い英語コーチングスクールですが、個人の英語コーチングであれば地方在住でも見つけることができるかもしれません。

時間についてもあくまでも個人間のやり取りのため、スケジュールに合わせ臨機応変に対応してくれることが多いでしょう。

個人?企業?英語コーチングの選び方

個人と企業の英語コーチングにはそれぞれに特徴があり違いがありますが、イメージが出来たでしょうか。

ここまでの説明に加えコーチングスクールを選ぶ際のポイントを2つ紹介します。当たり前のことではありますが、大切なポイントですよ。

予算と相談する

英語コーチングは企業にせよ、個人にせよ決して安いものではありません。今どのくらいの英語学習に時間とお金を投資できるか考え、目的に沿ったスクール選びをしていきましょう。

無料体験を受けてみる

個人・企業問わず、コーチングスクールの多くが無料体験を設けています。予算、雰囲気、英語コーチが自分に合う・合わない等を体験レッスンを通し、確かめてみましょう。

実際にレッスンを受けてみることで受講後のイメージが掴みやすくなるはずです。これが一番の決め手になるでしょう。

さいごに

いかがだったでしょうか。

英語コーチングスクールには大きく個人か企業かの2つがあり、両者にメリットとデメリットがあります。

上記参考にコーチングスクール選びに役立てて頂ければと思います。

KOKO ENGLISHでは個人の英語コーチングを行っております。講師はもともと企業の英語コーチングスクールに勤めておりました。企業で得たノウハウだけでなく、TOEIC990点・英検1級取得の経験も活かし目的に沿った指導をしていきます。お気軽にお問い合わせください。

英語力を底上げする英語コーチングKOKO ENGLISH

KOKO ENGLISH 英語コーチング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる