【104歳】1日3本ドクターペッパーを飲んでいたおばあちゃん【その後】

104歳でドクターペッパー1日3本。飲むなと忠告した医者はみな死んだ、アイキャッチ。
  • URLをコピーしました!

「(ドクターペッパーを)飲むなと忠告した医者はみな死んだ」

エリザベス・サリヴァンさん(Elizabeth Sullivan)という当時104歳だったおばあちゃんの発言です。

だいち

このフレーズ、皮肉が効きすぎていてほんと好き

長生きの秘訣は1日3本のドクターペッパーというおばあちゃん。話題になった当時は104歳でしたが、その後どうなったのでしょうか。

目次

ドクターペッパーおばあちゃん

104歳 話題になった2015年のインタビュー

こちらがエリザベス・サリヴァンさんのインタビューです。

インタビュー当時は104歳でした。

インタビューを見るだけでもエネルギーが伝わる元気さですね!103歳まで運転免許を保持し、運転していたそう。

そしてなんといっても1日3本のドクターペッパーを飲み続けている、これが長生きの秘訣とのこと。

長生きの秘密は1日3本のドクターペッパー⁉

そして、こんな発言も。

“2 doctors have told me if I drink it I would die, but they died first.” (2人の医者が忠告してきたのよ、ドクターペッパーを飲み続けたら死ぬよって。でも2人が先に死んだわ。)

105歳で始球式に参加

その後105歳の時には始球式に参加。

サリバンさんはテキサス・レンジャーズの大ファンで直近の15年間はすべての試合を欠かさずに見たそう。

105歳には見えませんね。

その後、106歳でも始球式に参加しています。

106歳で亡くなる

その後、2017年の11月1日、106歳でなくなったそうです。

亡くなる時にもヒューストン・アストロズとロスアンゼルス・ドジャースの野球の試合を見ていたとのこと。

非常に長生きされましたね。大往生です。

参照記事:https://www.ajc.com/news/106-year-old-baseball-fan-dies-while-watching-game-world-series/erDj3gdW2CYuJTtL0z8xMI/

おわりに

とにかくエネルギーに溢れていた方だったことが、動画からも伝わってきますね。

記事を書いていたら好きじゃないのにドクターペッパーが飲みたくなりました。

長く生きた方のエピソードは重みがあって面白いです。

英語力を底上げする英語コーチングKOKO ENGLISH

KOKO ENGLISH 英語コーチング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる