go+色でどんな意味になる?go red, go green等の意味を紹介

go greenの意味、go redの意味、go whiteの意味、go blackの意味、go+色の意味を紹介。
  • URLをコピーしました!

こんにちは。英語講師のだいちです。

突然ですがgo greenやgo redと聞いてどのような意味か推測できますか?

「緑になる?」「赤になる?」

予想しづらいかもしれませんね。今回はgo+色でどんな意味になるかをご紹介します。

目次

go+形容詞の意味

まずは「go+形容詞」の意味を確認です。go+形容詞で「~の状態になる」という意味があります。

例を挙げると、 go crazy で「気が狂う」、go well 「うまくいく、合う」、go bankrupt 「破産する」等々。

形容詞の部分が「色」のパターンになるとgo green、go red、go black等となるものの、そのまま訳すと「緑になる」「赤になる」「黒になる」となってしまいます。

派生した意味があるので次にどんな意味になるかご紹介します

go+色のフレーズ

それでは「go+色」のパターンのフレーズを見ていきましょう。

go green

go green 環境保護を進める

greenは緑のイメージから環境保護の意味があります。green campaignというと「緑化推進運動」という意味。

go gray/ go white

go gray/ white 白髪になる

白のイメージは白髪に結び付いています。

go red

go red 怒る、(恥ずかしさで)顔が赤くなる

怒ったり・恥ずかしいと顔が赤くなりますよね。そのイメージからgo redで「怒る、(恥ずかしくさで)顔が赤くなる」の意になります。

go black

go black(目の前が)真っ暗になる

blackoutで停電、失神という意味がありますが、このようにblackは暗くなることで使われることがあります。go blackも失神して目の前が真っ暗になることも指します。

赤字・黒字

redとblackは赤字、黒字の意味としても使われます。

go into the red 赤字になる

go into the black 黒字になる

おわりに

いかがでしょうか?知らないと意味が取れないことが多いので、ぜひ覚えてみてください。

一点注意点として、海外では人種差別の問題が非常に強く、色に関して敏感です。文脈がないまま用語を使うとトラブルになることがあるので注意が必要です(特にblack,white)。

英語力を底上げする英語コーチングKOKO ENGLISH

KOKO ENGLISH 英語コーチング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる