going toの省略形はgonnaだけじゃない?

be going toの省略gonna。Imma, umma等のbe going toの省略。アイキャッチ画像。
  • URLをコピーしました!

こんにちは。英語講師のだいちです。

be going toの省略形と言われると何を思い浮かべますか?

タイトルにもある通りgonnaをご存じの方は多いと思います。

英語を使う以上は読んでも、話しても、聞いても、とにかくよく使うbe going to。実はgonnaだけじゃなく他の発音もあることは知っていますか?

今回はgoing toの省略形をご紹介しますよ。

目次

be going to の意味を確認

はじめに意味を確認しましょう。

be going to は「~するつもり」「~する予定」と確定している未来を表すときに使えます。

未来といってもwillとbe going toでは使い方が異なるため、知らない方はこちらの記事もチェック!

going toの省略形

それではbe going toにどのような種類があるか見ていきましょう。

I’m going to

・I’m gonna (あぃmがな)

・I’m gon’ (あぃmがん)

・Immana (あぃまな)

・Ima / I’ma / Imma / I’mma(あぃま)

・Umma(ぁま)

ImmanaはI’m gonnaがルーズに発音された時の発音です。

発音を上から順にしていくと段々適当に発音されていくことが分かると思います。

話し言葉はよりルーズになって変化することがありますよ。

「いらっしゃいませ」が「いらっしゃせー」「しゃぁせー」と変化するようなイメージです。

チャットやメッセージのやり取りでもよく見かけますので、覚えておくと役に立つこと間違いなし。

おわりに

こういった発音って学校ではなかなか教わらないですよね。

ぜひ発音しながら覚えてみてください。

英語力を底上げする英語コーチングKOKO ENGLISH

KOKO ENGLISH 英語コーチング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる