もこう先生の名言を英語で表現してみた【マンダのりゅうせいぐん】

もこう先生の名言を英語にしてみた。もこう。名言。
  • URLをコピーしました!

ゲーム実況者のもこう先生をご存じでしょうか。

そのキャラクターも相まってYoutubeには125万人(2021年8月時点)の登録者がいる人気実況者です。元々ニコニコ動画からゲーム実況を行っており、沢山の名言(迷言?)を残してきました。

今回はそんなもこう先生の名言を英訳してみました

目次

もこう先生名言 英語訳

それでは名言集を見ていきましょう。あくまで私が英訳したものなのでその点ご了承ください!

マンダのりゅうせいぐんはつよい

Salamence’s Draco Meteor is strong.

  • Salamence (サラメンス)= ボーマンダ
  • Draco Meteor (ドラコ ミーティァ)= りゅうせいぐん
  • Strong = つよい

もこう先生と言えばこのセリフ。

ボーマンダの英語名はsalamander(四元素の火を司る精霊の名前orサンショウウオ)+immense(巨大な)+ menace(脅威)から由来。

日本語でも英語でもsalamanderを使っていることは共通しています。

マンダは初手りゅうまい

Use Dragon Dance for Salamence’s first move.

  • Dragon Dance = りゅうのまい
  • Salamence = ボーマンダ
  • first move = 初手

ポケモンの技を出す時には英語では「use+技名」が基本です。

例: Pikachu used Rising Voltage. (ピカチュウのライジングボルト!)

英訳すると関西弁が消えてしまうのが悔しいところ。Bro, bud, mate等をつけて口調をコントロールしてもよいかもと思いました。

因みに加藤純一さんが発した「マンダは舞えるだけ舞え」を英訳すると “Use Dragon Dance for Salamence as much as you can”が近い英訳になるでしょう。

これはな、勇気の切断だ。

This is… disconnection with courage.

  • disconnection = 切断
  • with courage = 勇気の(勇気をもって)

接続はconnectionなので、disをつけることで反対の意味になります。

勇気の切断ってシンプルなのに意味わからなくて好きです。

勇気の切断ってなんや…

謝罪をしないということ自体が謝罪であると

Making no apology is apology.

  • apology = 謝罪
  • No apology = 謝罪なし

「謝罪」の意味で使うときは不可算名詞でapology。そのため上記フレーズを使用。英語にすると格好良さが増す気がします。

「ごめんなさい」の意味で使う時には複数形のapologiesになる。

My apologies. =ごめんなさい(I’m sorry.の別の言い方)。

何やこの厨パァ!

What a toxic noob team!

  • toxic = 有害な、有毒な
  • noob = 新参
  • team = パーティ。partyよりもteamの方が良く見る。

noobは新参を揶揄する意味があり、もこう先生の意図する「厨」のイメージを入れました。

また、厨ポケが環境を操作しがちで害悪な面もあるところから形容詞toxic(有害な、有毒な)を使っています。

toxic noob やnoob team / pokemonで検索するとみなさんが想像する厨パポケモンたちがヒットします。

れいとうビームしかありえない!

Ice Beam is an only possible option!

  • Ice Beam = れいとうビーム
  • only = ~だけ、~しか
  • possible = 可能な
  • option = 選択肢

このフレーズは色々な言い方が思いつきますが、「これしかない!」感を入れるためonly possibleを採用しました。

れいとうビームも英語名になると「アイスビーム」になり違和感がありますね笑。

「自分になれ」「オリジナルになれ」「自分を貫け」「常に挑戦者であれ」「常にマイノリティであれ」それがお前の”厨ポケ狩り講座“だ。

“Be yourself”

“Be original”

“Be consistent”

“Be always a challenger”

“Be a minority”

That’s YOUR “defeating noob Pokémon team lecture”.

  • be yourself = 自分らしくなれ
  • original = オリジナル
  • consistent = 一貫した、信念を貫いた
  • challenger = 挑戦者
  • defeat = 破る、負かす
  • minority = マイノリティ
  • noob team = 厨パ
  • lecture = 講義、講演、講座

訳すにあたり厨ポケ狩り講座が非常に難しかったです。

狩ることは「負かすこと」ととらえdefeatを用いました。また前述しましたがnoob teamでいわゆる厨パを指します。

toxic teamと言えば害悪パになります。

このセリフが書いてあるTシャツをもこう先生はよく着ていますね。

英訳は難しい

もこう先生の名言を英訳、いかがだったでしょうか。印象も大きく変わるものがありますね。

他の方がどう訳すか気になったりもします。

あくまでも私なりの英訳なのでご参考程度に!

英語力を底上げする英語コーチングKOKO ENGLISH

KOKO ENGLISH 英語コーチング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる